トップ

産後うつの改善方法

産後の敏感な精神の状態

産後うつになる原因は何か

マタニティブルーとか産後うつという言葉を耳にしたことはありますか?自分の子どもがかわいくて仕方ない。そのはずなのに・・

なんとなく重苦しい気分ですごく不安を感じている。誰にも相談できない。一人ぼっちのように感じる。このような不安を抱え、自分で解決に導くしかないと悩んでいるママの力になれたらと思って書きました。

・マタニティブルーの原因
そもそも、マタニティブルーとはどのような状態のことを、いうのでしょうか? マタニティブルーとは、待ちに待った赤ちゃんが誕生して本来であれば幸せいっぱいのはずなのに、なぜか気持ちが晴れなかったり、急に憂鬱な気分になったりする状態を指します。

では、なにが原因でこのような状態が起こってしまうのでしょうか? それは、産後のホルモンバランスの崩れと密接な関係を持っています。

産後には妊娠中に分泌量が増えていたプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が著しく低下するために、急激にホルモンバランスを崩して抜け毛が起こることがあります。

さらに、産後の疲れに加えて睡眠不足が重なり、育児に対するプレッシャーなども加わってマタニティブルーの状態が起こりやすくなります。また、多くの女性は産後10日前後でマタニティブルーの状態が自然に治ることが多いのだそうです。

このような状態が起こるのは私が弱いからかも・・・そう思うとますます憂鬱になりそうだったのですが、よくよく調べたら産後のほとんどの女性がマタニティブルーになるみたいで、少し安心しました。

また、自分が弱いせいではないということも知り、かなり心が軽くなりました。特に私の場合はじめての出産ですし、産後の疲れも相当でした。特にはじめての育児に対するプレッシャーにも押しつぶされそうになっていて、それがまた、よけいにホルモンバランスを崩す原因になっていたのでしょう。マタニティブルーになってしまったら決して無理をしてはいけないのだそうです。